アグリウェーブは、安全安心な食材の提供のため、先進的植物工場の開発に取り組んでいます。

アグリウェーブは、食糧危機や水不足の問題解決、安全安心な食材の提供のため、先進的植物工場の開発に日々取り組んでいるグローバルベンチャー企業です。
栽培、制御、施工、通信、運用などお客様からのご要望に、各専門分野のスタッフが細かく対応しています。

2017年4月12日 新着情報
中古植物工場の買取りを承ります。
2016年5月1日
2016年4月28日・29日、ミャンマーのヤンゴンで開催された、「日本中小企業技術展示会 in ミャンマー」に出展しました。
2016年4月25日
2016年4月21日、アグリウェーブ主催 【植物工場 設計技術公開セミナー】を開催しました。
2016年2月19日
2月12日、アグリウェーブ主催【失敗しない植物工場セミナー】を新宿文化センターにて開催いたしました。
2015年10月13日
オフィスを移転しました。
2014年11月10日
2014年11月4日(火)~8日(土)、中国・上海で開催された「2014中国国際工業博覧会」日本企業ブースに出展の様子が掲載されました。
・The Daily NNA 中国総合版 記事、
・yahoo!ニュース(2014年11月5日)
・NPO法人イノプレックス 記事
2014年4月1日
植物工場設置例を掲載しました。
2013年8月27日
「ベトナムで初となる人工光型植物工場」をホーチミン市内のレストランに設置。同会場にて「植物工場セミナー」を開催したことが紹介されました。
2012年8月21日
『小竹商店グループが植物工場による野菜の生産と障害者雇用を進めるために設立した株式会社F&F』に弊社の技術協力が紹介されました。
2012年8月1日
サイトをリニューアルしました。
2011年5月1日
東京オフィスを開設しました。
2011年4月1日
国立大学法人信州大学と共同研究契約を締結しました。
「日本中小企業技術展示会 in ミャンマー」出展
2016年4月28日(木)・29日(金)、ミャンマーのヤンゴンにて開催された「日本中小企業技術展示会」に出展しました。
「植物工場 設計技術公開セミナー」
2016年4月21日(木)名古屋にてアグリウェーブ主催【植物工場 設計技術公開セミナー】を開催しました。
「失敗しない植物工場セミナー」
2016年2月12日(金)、東京都新宿区の新宿文化センターにて、アグリウェーブ主催【失敗しない植物工場セミナー】を開催しました。
「2014中国国際工業博覧会」
2014年11月4日(火)~8日(土)、中国・上海で開催の「2014中国国際工業博覧会」において、日本企業ブースに出展いたしました。(展示会場:上海新国際博覧センター)→博覧会展示報告
「施設園芸・植物工場展(GPEC)2014」
2014年7月23日(水)~25日(金)、東京ビッグサイトにて開催の「GPEC2014(施設園芸・植物工場展)」で、信州大学ブース内に出展いたしました。→展示会報告
「第70回次世代センサセミナー」講演
2014年5月15日(木)、次世代センサ協議会主催の「第70回次世代センサセミナー」において、弊社の講演が行われました。 →イベント情報一覧へ
「ATRオープンハウス2013」
2013年11月7日(木)~8日(金)、京都けいはんな学研都市「株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)」で開催の「ATRオープンハウス2013」で弊社植物工場の概要が紹介されました。
「植物工場セミナー in SAIGON 2013」開催
2013年8月20日(火)、ベトナム・ホーチミン市で「植物工場セミナー in SAIGON 2013」を開催しました。
「植物工場ビジネスマッチングフォーラム」参加
2012年12月14日(金)、おおさかATCグリーンエコプラザにて開催の「植物工場ビジネスマッチングフォーラム」に参加しました。
「アグロ・イノベーション2012」出展
2012年11月14日(水)~16日(金)開催のアグロ・イノベーション2012に出展しました。
「フードテック2012」出展
2012年9月12日(水)~14日(金)開催のフードテック2012に出展しました。
「GPEC 2012」出展
2012年7月25日(水)~27日(金)に開催のGPEC2012(施設園芸・植物工場展2012東京ビッグサイト)に出展いたしました。
「けいはんなビジネスメッセ」出展
2012年7月19日(木)に開催の第7回けいはんなビジネスメッセに出展いたしました。

植物工場は、次世代の食物生産システムとしてその成果を期待されています。

途上国の人口増加、異常気象による植物の不作、バイオ燃料原料植物への転作等により、食糧不足が懸念されています。今後も私たちが安定して食物を得るためには、新たな食物生産システムが必要とされています。

国・経産省・農水省の取り組み

「新経済成長戦略2008改訂版」において「植物工場」の積極的支援が謳われました。農林水産省と経済産業省は、植物工場の設置数を150カ所へ増設する目標を立て、2つの補助事業が実施されました。

先進的植物工場施設整備費補助金

先進的植物工場推進事業費補助金

植物工場の特長

植物工場は、育成に必要な環境を人工的に制御するため、気候や天候に左右されない安定した植物の生産を行う事が可能です。もやしやカイワレ大根、きのこ等が植物工場で生産され流通しています。

植物工場の可能性

照明システムや高精度な温度管理を使用する事で露地栽培やハウス栽培では困難な特定植物の通年栽培が可能となります。また、多段式栽培棚の設置で栽培面積が飛躍的に広がり、収穫量アップが望めます。

完全制御型植物工場

植物工場システムの中でも完全制御型と呼ばれるものは、屋内で光、温度、CO2、栄養等を自動制御する事で、通年栽培を可能とする植物栽培システムです。

アグリウェーブの総合技術で植物工場を新たなステージへ

植物工場システムは農業の一形態ですが、アグリウェーブでは先進技術を駆使した環境制御を行う事で、これまでにない農作物生産を実現します。経験に裏打ちされた総合技術で、植物工場の更なる技術革新に取り組んでいます。

事業内容

〈センサー&マネージメント〉Sensor & Measurement

非接触液面センサーなどの設計・製造経験から培った当社のノウハウにより、精密制御の正確な計測を担っています。

〈水耕栽培〉Hydroponics

当社は欧米の水耕栽培を調査し、その理論・実践・機器を知り尽くしています。植物工場事業の技術相談役として、より高い生産性を実現します。

〈製造と配達〉Manufacturing & Delivery

植物工場は、栽培棚、照明装置、養液循環システム、空調システム、CO2制御などの卓越した機械設計により生み出された植物生産プラントです。

〈統合制御システム〉Integrated control system

植物工場の各所に配置されたセンサー信号、照明装置、養液循環システムなどを統合してコントロール。簡単な操作で、安全で最適な制御が実現します。

〈ネットワークと遠隔測定法〉Networking & Telemetry

ネットワークとWeb技術の活用で、植物工場の遠隔制御・モニタリング・異常通報・データ分析などが驚くほど簡単に実現できます。

Webサイト制作Web site & System

植物工場管理のノウハウから培ったWeb技術の活用で、Webサイトの制作も承っています。

アグリウェーブの総合技術で植物工場を新たなステージへ

アグリウェーブは信州大学繊維学部の先進植物工場研究教育センターの研究、植物工場育成プログラムから生まれました。植物工場における、オンリーワン企業を目指しています。

主な取組テーマ

冷凍コンテナを用いたコンテナ植物工場システムを対象に、以下のテーマを中心に研究開発に取り組んでいます。

  • 植物工場用各種デバイスの研究開発
  • 植物工場用各種センサーの研究開発
  • 植物工場における水の再生およびろ過の研究開発
  • 植物工場におけるCO2制御システムの研究開発
  • 植物工場におけるエネルギー消費の低減に関する研究
  • 植物工場における育成植物毎に最適な環境制御に関する研究
  • 植物工場の制御の高度化、自動制御、遠隔制御に関する研究開

バイオマス研究

バイオマス事業における藻類の優位性の研究に取り組んでいます。

機能性野菜の研究

低カリウム野菜などの各種機能性野菜の研究開発に取り組んでいます。

本社

東京都千代田区のオフィスにて商談を承ります。

焼津研究センター

最先端のコンテナ式植物工場システムを用いて栽培実験、各種デバイス、制御方式の評価を行っています。

京都研究所

京都府立大学 精華町キャンパス内に京都研究所を設置しています。

Page Top